七滝温泉郷 観光案内 宿泊施設案内 グルメ、ショップ案内 年間イベント アクセスについて ホームへ

大 滝 (oodaru)
かに滝 (kanidaru)

釜 滝 (kamadaru)

えび滝 (ebidaru)
【2013年7月現在 一般見学できません】
河津七滝中、最大の高さを誇る滝です。 滝の全長30m、幅7m 垂直立ち上がる玄武岩の壁から雄大に流れ落ちています。
白い流れと緑のコントラストが
美しい かに滝。 美しい渓流の中ひっそりと佇む 小さな滝です。
覆いかぶさる様な玄武岩の上から雄大に 流れ落ちる、迫力満点の滝です。 かつては地獄谷と恐れられていたほどの滝
えび滝は滝の形が海老の尾ひれに似ていることからつけられています このえび滝はつり橋上から 眺めることができます。
蛇 滝 (hebidaru)
出合滝(deaidaru)

初景滝 (shokeidaru)

玄武岩の模様が蛇のうろこのように見える
事から へび滝と名づけられました。
2つの流れがここで出合ってひとすじの流れになります。流れ込む水の青さが印象的な滝です
白い流れと「踊り子と私」のブロンズ像が
自然の中で 調和し、伊豆の踊り子の敘情をかもしだしている滝
天城山隧道
河津七滝ループ橋

八丁池

二階滝
天城山隧道は標高711m地点に造られました。石造りのトンネルとしては 国内でもっとも長く、道路トンネルとしては、初めて国の重要文化財に指定されました
国道414号線、七滝大滝温泉への
入り口にある河津七滝ループ橋
総延長1.1km、高さ45m 直80mの 巨大な2重のループ橋です
地震による土砂崩れの教訓を生かして 採用された
天城連山の南稜、天城湯ヶ島と接する標高1800mの旧火口跡に神秘的な水をたたえている池の周囲が八丁(約560m)あるので八丁池と名が付いた
河津七滝上流にある二階滝は
高さ20mの名瀑。ここは真夏でも
とても涼しいところです。秋には紅葉が きれいなところでもあり旧天城トンネルからも近い
天城のわさび田
宗太郎杉並木

猿田淵

平滑の滝
わさび田は清浄な湧き水のある場所に作られる天城の自然の恵みを受けた河津では わさび田が多く、河津を代表する風景の1つにも なっている。
明治10年に植えられた樹齢100年を超えるこの杉の並木道は 宗太郎杉並木と呼ばれよいハイキングコースとなっている。宗太郎
とはこの地を開発したひとの名前
名所として新設された猿田淵
新緑の時期は川も緑もとても
綺麗で吹き抜ける風がここちよい
名所です。
旧天城料金所跡から徒歩で10分
平滑の滝があります。 幅20m高さ4mの大きな1枚岩を水が
滑り落ちています

河津バガテル公園
4/28〜11/30 On Season
伊豆わくわくの森
森林セラピーロード

来宮神社 大楠
体験型動物園
iZoo【イズー】
パリのバガテル公園がそのまま
河津へ やってきました。香り高い1100種、6000本のバラが4月末から11月末まで咲き続けます。
「バガテル」とは小さくて愛らしいもの」という意味。
2007年7月に認定を受けた新名所
鉢の山森林セラピーロード。
大自然の中で森林浴はいかがですか?桜の小道、森の小道を
通り標高619.1mの鉢の山山頂
までのコースとなってます
クスはクスノキ科、常緑の大形高木で 5月に黄白色の小花をつけ、果実は直径 8mmほどの柴黒色。材質は硬くて水湿に強い上質の
建材で、弥生時代の丸木舟などの 出土例もある。来宮神社の大楠は最大直径 14m,高24mの巨木で樹齢1000年以上とされている
日本最大の爬虫類・両生類の動物園です。今までの動物園、水族館では出来なかった
飼育体験や見学の仕方をご提案する、体感型動物園。